2017年北海道

2017年7月2日(日)

いよいよ今夜から北海道へ向かいます。

今年は、士別市の移住体験住宅での生活からはじまります。

9月末の予定ですが、どんな旅となるか?

昨年までの3年間のような周遊旅行ではないので、期待とちょっと不安もあります!!!

では、

 

2017年北海道1

7月2日(日) 1日目 枚方~舞鶴~フェリー

20時35分枚方を出て、京都縦貫道~舞鶴道で2時間、フェリー乗り場到着。キャンピングカーが20数台、ほとんどがワゴン車。珍しいバイクを発見。
サイドカーにキャンプハウスを牽引!^_^皆さんの注目のマト!

間も無く乗船します。3日夜の小樽着です。

2017年北海道2

7月3日(月) 2日目 小樽~札幌

 

今回のフェリーは初めて和室。(予約時点で海側室の空きが和室のみ)リハビリのためにも良いかと予約しましたが!

結構な振動があります。地震の初振動のようなものが断続的に続きます。ベットだと床から高さで吸収していたのかもしれません?

昼前に風呂に入って、ブランチでビールを2杯。いい気分で寝ることに成功。

夕刻18時40分、神威岬通過(2年前に行った場所)し19時過ぎ積丹半島を回る。

(北行きは右舷船室を予約してください、部屋からも見えます)

船外デッキで写真を撮っていると反対側に漁船の明りを発見。イカ釣り船の漁火です。日没前ですが、幻想的な風景に出会いました。

定刻どおり20時45分小樽港接岸。車は最後尾のため21時5分に船外にでる。

ここから札幌自動車道でホテルへ。

21時55分到着。ビールで乾杯して休む。

2017年北海道3

7月4日(火) 3日目 札幌~比布町

 

やはりベットは良い。ぐっすり寝ました。11時前にチックアウト。直ぐ横の中島公園を散策後、近くで2年前に行った珈琲店でブランチ。

12時過ぎに藻岩山へ。ドライブウェー入口で、スタッフが山頂は霧のため見えなよと強力なアドバスを受けて、目的地を羊の丘公園に変更。園内をプチ散歩して、公園で見えた北海道100年記念塔移動。

ここでも搭内改修中で入れない。残念連発。

仕方なく、開拓村を見学。65才以上無料とのありがたい恩恵で800円の安上がり。ボランティアスタッフが至る所にいて案内やお茶のサービス。良い場所でした。ここから一路今夜の宿のある比布町へ移動。

国道12号線の日本一長い直線道路を走り、深川市から道央自動車道に入り、

比布北ICで降りるとすぐそばに宿の遊湯ぴっぷに到着。

温泉に入り、明日からの士別生活の備え、生ビールと食事で満腹になりました。

2017年北海道4

7月5日(水) 4日目 比布町~士別市

 

いよいよ、士別市の体験住宅に入る日。

朝食前に施設を見学。パークゴルフ場は2コース36ホールと初心者コースがあり、続々と近隣の人が集まってきている。

キャンプ場も芝地でgood! オートキャンプ1,000円、フリーサイト300円。

サイトにサクランボの木があり、もう少しで食べころです。(残念)

8時過ぎに朝食を1.5杯で満腹になり、

9時半前にチックアウト。

国道40号線に出て、和寒町から剣淵町。ここから道道205号線に入り、絵本の里家族旅行村を通過して、士別市朝日地区に入る。

約50分で朝日総合支所に到着。地域住民課の市橋さんから説明を受けて、入居契約手続き。20日間38,000円なり。

車で目と鼻の先の住宅に案内してもらい、利用方法のガイダンスを受ける。

1階2室と広いリビングとダイニングキッチン、浴室と洗面洗濯室。ダイニングは現在パソコンデスクになっている。(ネット環境がある条件で選択したがパソコンまであり)2階にも3室と物置まである。詳細は明日以降にします。

残り物の食材で昼食とリハビリ後、外にでると隣の体験住宅に今日からの入居者が到着。奈良県生駒市からのご夫妻。バイクでの到着。北海道経験は先輩の様子、またいろいろ話を聞けそう。

近くにサンライズホールにある図書館へ。北海道の本コーナーが楽しみです。

夕方になり、これからの生活に必要なものと食材を求め、市内中心部の昨年利用した西條百貨店に行く。約20kmだがほぼ直線道路で車がいない。オートクルーズに車線制御で楽々20分で到着。ついでに近くに不動院霊水がある情報で汲みに立ち寄る。

19時45分に戻り、お風呂を沸かし(風呂は新しいので快適)、夕食。

部屋は広いが結局、リビングに寝具をセットして休む。

体験住宅第1日目が終わりです。

2017年北海道生活

士別市の移住体験住宅など生活の様子です。

 

短期移住体験住宅B棟に入っています。隣がA棟で、他に同じつくりの家が合わせて6軒建っています。

写真付き図面は以下にあります。

http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1303787117677/index.html

初日にも書いてありますが、2階建て5LKの内1階のみを使用しています。

生活に必要なもの全てが揃っています。寝具も2名分のシーツも用意されていました。

お風呂も給湯のみですが、きれいで快適です。(寒冷地用コロナSAシリーズのデカい給湯器)

お水はそのまま飲んで美味しいのですが、給湯すると少し濁りは気になるところです。

(市内の公園近くに不動院の霊水があり、2回ほどペットボトルを持って汲み行きました。甘い水です。)

全ての窓は2重窓になっています。ストーブもリビングとキッチン側と2台あり、現在は不要ですが、

冬季の利用も問題無いようです。

(公園から住宅地を望む)

周辺では、直ぐ北側にクリニック、西側がジャンプ台、徒歩5分ぐらい東側サインライズホールや公園とその先北側にスキー場と南側に市役所支所があります。同じく5分ぐらい南側道道沿いミニコープとミニスーパー、10分ぐらいの処にもう一軒あります。しかし、置いている食材は限られており、市内中心のスーパーでの買い物をしています。コンビニも10km先のセイコーマートで車だと10分も掛からないのですが、中途半端なところです。

温泉(宿泊施設=和が舎)は道道と反対側にあり、徒歩だと15分ぐらいの距離です。体育館や研修室が併設されて合宿誘致をしています。

市内中心部まで約20kmですが、ほぼ直線道路ため20分もあれば行けます。(ちなみにオートクルーズで白線認識もしてくれるの高速なみ)

市内では、昨年利用した西條デパートにビッグハウスという大型スーパー。ダイソーも国道沿いにあります。

北海道はジャガイモや玉ねぎトウモロコシなど野菜イメージがありますが、収穫時期が8月以降のようで、現在は九州や長野産など道外のもので、値段も結構高い。牛乳や乳製品、ホタテなど魚介は安めです。ジンギスカンやホルモンに豚肉なども冷凍食品は品数が豊富です。

 

2017年北海道5

7月6日(木) 5日目 士別市体験住宅2日目

 

ゆっくり休むことができた。

朝食後、直ぐそばのまなべーる(朝日町の歴史が学べると地図にあり)に行くが、月火のみオープンらしい。歩いて5分程の和が舎(温泉宿泊施設)へ行くと、ここも昼からの営業。食品店などを回った帰る。意外と野菜も高価。(北海道の野菜はこれからの収穫)

昼食・昼寝をして、3時ごろから15キロほど離れた岩尾内湖へ。展望台を過ぎたところで、キタキツネに遭遇。路肩へ移動中が、車が近づくとやってくる。人からエサを貰っているらしい。馴れ馴れしい。

岩尾内湖は白樺林の中ので芝地のキャンプ場がある。車の自由に乗り入れ可能で無料のキャンプ場。センターハウスに炊事棟があり、釣り人にも、水上バイクもできて、穴場人気キャンプ場らしい。3~4組がテントを張っていた。

菖蒲も自生しているがまだこれからの開花。コウリンタンポポは満開でした。

昨日汲んだ霊水でコーヒーを飲んで、ゆっくり。静かな時間の流れ。のんびりした一日でした。

2017年北海道6

7月7日(金) 6日目 士別市体験住宅3日目

 

昨夜の道内ニュースでは、原生花園でエゾカンゾウの見頃が終盤情報。

早朝に出発準備し、サロベツ原生花園を目指す。

昨年の旅行で通った名寄~音威子府村~中川町~幌延町。

3年前に行った幌延ビジターセンターへ。

ここは余り咲いていない。近くのパンケ沼から豊富町へ移動。

駅近くのサロベツマイハート手づくりパン夢工房のイートインで軽く昼食。

サロベツ福祉会のお店です。12時前でしたが、駐車場に車がない。

空いているのか?と思いましたが、食べている間に駐車場は満車。

いいお店です。

サロベツ湿原センターへ移動。

エゾカンゾウは、年によって咲き方が大きく変わる様子。今年は余り咲いていないようでした。

カキツバタはまとまって満開状態。スタッフお勧めのツルコケモモは見逃しまいました。風も強く、気温も士別に比べ5度程度低い。薄着だけで来てしまった。日本海側のオロロンラインに出て北上。

稚咲内海岸(わかさかない)では、エゾカンゾウにハマナスとこちらの方が沢山咲いていました。

折角ここまで来たので、ノシャップ岬を目指すことに。オロロンラインは稚内市内行きのため、前回通らなかった日本海沿い道道254号線でノシャップ岬へ。観光バスに人は多いが、風が強烈。下の写真は、航空自衛隊のレーダーです。

写真を撮っただけで、稚内駅に移動。

市内のスーパーで夕食食材を買って、宗谷を回ってと思っていましたが、ナビで帰路を見ると約4時間21時過ぎなる計算。

諦めて戻ることに。新しい道路が増えていて、19時前に帰宅。212キロを2時間45分で走行、時速77kmなり。

2017年北海道7

月8日(土) 7日目 士別市体験住宅4日目

 

今日は音更町にあるボラバイト先を訪問。8時50分出発。岩尾内湖から101号線で山越え道で愛別町方向へ。途中の茂志利という地点で朝日町中心街の道標を発見。(近道があるようだ)

愛別町の旭川紋別自動車道(無料区間)の入って上川層雲峡ICから国道39号線。大雪山旭岳黒岳は雪景色。

昨年に寄った銀河の滝などのパーキングに入る。昨年は大雨の後で泥水だったが、今日は綺麗な流れ。しかし奥の滝に進む道は通行止めが続いていた。

大雪ダムから国道273号線に入り、三国峠のパーキング。標高1,139mと国道では道内一高い場所。樹海に周りの山々が美しい。

上士幌町に入って、3年前に見たタウンシュベツ橋梁に寄ってから廃校を利用したレストランtabachiへ。

美味しいハンババーグで昼食。広域農道を南下して音更町。ナビでヒットした農場。一面農場地でナビのおかげで到着(初めてナビが役立つ?)

作業場や仕事内容を見せていただき、28日からお世話になること決まり。

音更町と言えば「柳月」。本店工場のスィートピア柳月へ。ケーキを買って無料のコーヒーで一服。

店は帯広音更ICの直ぐそば、ここから清水ICまで道東自動車道を走る。清水町から新得町は去年の水害被害の場所。国道38号線で狩勝峠へ。3年前は大雨で展望台に登れなかったので、立ち寄る。今日は晴れて十勝平野を遠望。

南富良野から富良野駅に立ち寄って、上富良野の日の出公園へ。ラベンダー園もあり富良野全体が一望できるいい場所です。

観光パンフでみつけた、ジェットコースターの道へ。(ここは外せない)

通り抜けると国道に出る。

旭川市に入り、給油と食材を仕入れて、旭川北ICから和寒ICまで高速を走り、来た時の剣淵町から帰宅20時25分。

今日も466km走行。

2017年北海道8

7月9日(日) 8日目 士別市体験住宅5日目

 

金土と2日間で900kmのドライブ。ゆっくりディ!?

しかし到着日に市のスタッフから聞いていたとおり、今日はジャンプ大会が住宅側のジャンプコース(朝日シャンツェ)

である。8時ごろから場内アナンスが聞こえてくる。

朝食を済ませて会場に行く。丁度2回目のジャンプが始まる。

初めてみるジャンプ競技。1時間少しで競技が終わる。

家に戻って昼食。

午後もゆっくり、のんびりと部屋で過ごす。結構暑い。しかし6時を過ぎると徐々に気温が下がり、涼しい。

このあたりが都市部と違うところ。