北海道旅行ための宿泊施設情報(その前に)

2014年・2016年・2017年と北海道を車での旅したころから、宿泊地の情報を整理してみようと昨年から取り組んでいます。都市部ではホテルを利用しましたが、キャンプ好きな我が家は、キャンプ場も利用してきました。2014年は36日間 4,600キロ、2016年は21日間2,400キロ道内を走破しました。レンタカーでの旅行される方は短期の方が多いと思われますが、比較的長期に旅行する方はマイカー利用が多いと考えられます。そこで、夫婦2人旅や家族3~5人程度で中・長期の北海道旅行をする場合の宿泊情報として、キャンプ場のロッジやキャビンなどの利用情報をまとめて、順次掲載していきます。

その前に、

情報整理を始めて、北海道の広さを実感。九州の2倍、四国の4倍!情報はエリアに分けてまとめることが必要。しかし、これまで手に入れた資料やネット上を見ても大阪人としては、馴染みのない地域名ばかり。宗谷・留萌・上川・オホーツク(網走)・釧路・根室・十勝・空知・日高・胆振・石狩・後志・渡島・檜山。行政的にはこの14振興局エリアに分かれている。馴染みのある「釧路・根室・十勝」や「宗谷・留萌」は知っている(読める)人も多いでしょうが、「空知・胆振・後志・渡島」は????ではないでしょうか。空知=そらち・胆振=いぶり・後志=しりべし・渡島=おしま、と読むそうです。読めない上にその場所となると、宗谷や釧路・根室だと想像がつきそうですが、他のエリアを判別理解することは難しいと思われます。

江戸時代の和人地と蝦夷地から明治期の11国、そして現在の14振興局になる等行政都合上の名称です。そのために、道南・道央・道北・道東など4程度のエリア分けもされるようですが、これも14振興局をまとめたものになっています。道北には留萌まで入るようですが、上川エリアは北の中川町から南の占冠村まで直線距離でも250kmぐらいあります。初めての2014年稚内のホテルを「じゃらん」で検索予約したら誤って留萌のホテルを予約してしまいました。「じゃらん」でも詳細選択しないと稚内も留萌も道北エリアとしているようでした。そこで、マイカー利用旅行者とって必要な道路情報と観光地を考えて独自に5エリアの区分を考えてみました。

①道南=渡島半島部分・函館から長万部あたりまで、②道央=羊蹄山周辺・ニセコ・小樽や南は室蘭・苫小牧そして札幌から道央道・国道12号線の深川市から留萌まで、③日高山脈と大雪山脈がる南の襟裳岬から北は旭川まで、④道北=北緯44度以北幌加内からの宗谷まで、⑤道東=大雪山脈から東部・北はクッチャロ湖から南の釧路を含む知床・根室まで、としました。

参照ページ

  • 北海道ファンマガジン https://pucchi.net/hokkaido/geo/area.php
  • J-tripスマートマガジン https://www.jtrip.co.jp/magazine_hokkaido/beginner/

「ブロックチェーン」の潜在能力

2月15日付毎日新聞朝刊の13面連載記事に、表題を見つけ読んでみた。

最近の仮想通貨の話題に関心が無かったのですが、坂村健先生の記事はコンピューターやそのテクノロジーを背景として多彩な視点で書かれているので、楽しく読んでいます。コインチェック社の問題後、「ブロックチェーン」いう単語を見かけていましたが、なんのことらやぐらいでした。

記事では、『仮想通貨を実物の紙幣に例えるなら、ブロックチェーンは「透かし」や「磁気インク」などの紙幣偽造防止技術。』なるほど、解りかりやすい。その方法は、分散台帳機能(分散型のコンピューターネットワーク)。といく事らしい。ここで、いろいろネットからの情報をチェック。

『ブロックチェーンの本質が、仲介者などを必要としない分散型のしくみにより、安全性や信頼性の高いデータの管理や取引を実現することにある』http://gentosha-go.com/articles/-/14230

坂村先生記事では、『お金だけではない。物流や会員管理など、倉庫から病院、学校まで、さまざまな台帳管理が社会には存在する。これを低コスト化できれば、現在は成り立ちにくい利の薄い応用--例えば、食品の異物混入や薬害が起きた時に、事故品を追跡してすぐに回収・対処することを目指す「トレーサビリティー」などへの応用も期待できる。中略、ブロックチェーン技術が持つ基本的なパワーは大きい。社会を大きく変える力を持っている。』

詳細は、https://mainichi.jp/articles/20180215/ddm/016/070/007000c

仮想通貨に興味があるわけではないし、坂村先生も『通貨への応用は、実はいい応用ではないのかもしれない。』との書いておられるが、ブロックチェーン技術の今後には注視する必要があるようです。