健民少年団の歴史

1.健民少年団の歴史

堺市少年団が加盟していた日本健民少年団連合の資料からその歴史を概観する。

日本健民少年団連合のホームページには「1953年3月下旬に、各地区の健民会から推薦された少年、少女1,200名が、田園地帯である神奈川県相模原町での交歓活動に参加した。これが健民少年運動として計画的な活動に移った最初の試みであった。」(注1)とある。この「健民会」は横浜市の子ども遊び場確保運動(1949年)に端を発し、その指導組織として1952年ごろから横浜市健民課(のちの体育課)の支援のもとに市民の健康問題への対応を地域レベルで実践する中から当時重要視された青少年問題への対応の必要性も相まって健全育成活動へと展開していく。横浜市が少年団活動の全国的な連合体結成に重要な役割をはたしたことから「健民」の名称がつけられたと推察できる。しかし、少年団活動(組織)が横浜をモデルとして形成されたか言えば、そうでもないようである。彦根市では「双葉少年団」が1949年に結成されているなど、1950年前後から全国的に青少年活動団体が組織されてきている。(注2)彦根市健民少年団は双葉少年と2つの子ども会とで1954年に結成、1954年には横浜市で開かれた最初の全国大会に参加している。この大会は25都市の参加445名の参加(注3)、翌55年には33都市710名、そして第3回の58年は70都市の参加となっているところから、各地域で少年団が結成されたようである。(これについては今後の調査が必要。)

注1 特定非営利活動日本健民少年団連合のホームよりhttp://kenmin.kids-site.net/histry.html

注2 1946年の文部省から青少年団体の設置、青少年不良化防止対策、児童愛護班結成などについてなどの通達が出され、青少年の非行問題への対応を踏まえて青少年活動団体の結成の促進が図れる。戦後いち早く復活したYMCAやボーイスカウト、そして1948年から開催されたIFELの講習会の地域の拡散。1951年が非行の第1のピーク。1953年青少年問題協議会の法制化。

注3 ウィキペディアに記載されている全国交歓大会の情報より

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E6%B0%91%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%A3

注4 現在は神奈川県・新潟県・愛知県に3市と滋賀県・大阪府に1市の11都市に少年団がある。堺市など過去にあった都市では、函館市から鹿児島市まで38都市名が判明。設立については、豊橋市1954年、守口市1958年、大垣市1960年、村上市1961年、小田原市1966年。不確定であるが、大和高田市1954・5年、神戸市1955・6年、芦屋市1959年、西宮市1965年。

2017年10月29日続く

青少年活動の歴史

戦後の大阪での青少年活動の歴史を整理

1946年9月に文部省次官通牒「青少年団体設置並ニ育成ニ関スル件」を受けて、地域青少年団体結成が促進される。全国的な組織や都道府県単位の連合体・協議会の設置も進む。1949年には社会教育法が制定、この頃から大阪においてもYMCAやボーイスカウトなどの戦前からの歴史を持つ団体などが組織を新しく整備して活動が始まる。

 

2017年10月16日続く

 

 

 

今週の運勢2017年10月13日

毎週金曜日発行のMainichi Weekly Newsの運勢欄、私は牡羊座ですが、結構当たっていて、楽しみにしています。今週は

Avoiding complex issues won’t make disappear. So it’s important to think strategically and clearly.

青少年活動の歴史を調べていますが、焦点がぼやけそうなのでどうするか悩んでいます。

かいぼり

かいぼり

「かいぼり」は、「掻い掘り」と書く。元は農業用水のため池の水を農閑期の冬場に抜き、堆積したヘドロや土砂を取り除いて肥料にしたり、獲った魚を利用してきた。ESDコースの授業のフィールドワークから「かいぼり」と繋がった。2015年漁業の後継者問題に取り組む中で南あわじ市の漁業協同組合からお誘いを受けて学生と一緒にかいぼりに参加した。

2016年1月谷田池

「かいぼり」によりため池の栄養分(腐葉土)を海へ流すことによって海も元気なる。農業と漁業の協同。以前に「漁業者が山に植林」などの話を聞いていたが、東北旅行で鳥海山と海からの湧き水について現地を見た時に漁業と山の関係を体感した気分になった。そして北海道を巡ると昆布の名産地は山からの湧き水がある場所だと気づいた。

「つながっている」

淡路島には約2万3千ちかくのため池がある。かいぼりをテーマとした映画もある。2015年に公開された「種まく旅人 ーくにうみの郷」

昨年は12月に同じ谷田池のかいぼりに学生15名と参加。途中で排水口がつまり今年に持ち越しとなった。

 リベンジで今年は12月16日に谷田池に挑みます。先週兵庫県担当者と打ち合わたところ、排水口の対策に消防ポンプを応用した新兵器を準備中とのこと。今年こそすっきりとした池になることを期待。

もうひとつ

11月26日(日)に洲本市でかいぼりが実施されます。他地区の様子見を兼ねて参加してきます。詳細情報が入り次第掲載します。

かいぼり情報は

かいぼりに関心がある方は、上記の「種まく旅人 ーくにうみの郷」サイトの動画(予告編)や兵庫県淡路県民局洲本土地改良事務所のサイト(外部リンク)で下記情報がPDFで読むことができます。

  • 淡路ため池・里海交流保全活動(p10に谷田池記事があります。)
  • 淡路島のため池保全活動

また、昨年から淡路島ため池保全サポートセンターが開設され、facebookページで情報発信されています。(外部リンク)

青少年活動の歴史へ

中学2年生で英語クラブに所属していた時、アメリカの学生グループとの一日交換会に参加した。和泉市の信太山キャンプ場で野外炊さんを一緒にし、ホールで自己紹介やゲームを楽しんだ。大学時代、キャンプ場にアメリカからの学生が日本のメンバーと一緒に造ったキャンプファイヤー場があったが、それがあの時のアメリカの学生だった。キャンプファイヤー場のことは、当時所長であった松田稔先生の著書「ザ・キャンプーその理論と実際」(1978、創元社)にも書かれている。

青少年活動は、青少年教育として社会教育の範疇であったり、非行対策や健全育成として教育行政以外でも展開されている。私が育った堺市少年団は教育委員会青少年教育課が担当していた。30年間の財団時代は情報センターで多くの時間を過ごした。府の担当は知事部局であったが、社会教育課は特に関係が多く、色々と勉強もさせていただいた。特に1991年に当時の大阪府教育委員会社会教育課が「大阪府社会教育の40年」を発行された。また同時の「青少年教育行政史年表」を繁内友一先生が出版された。後に財団の50年記念誌が発行される時、残念ながら担当できなかった思いもあり、青少年活動とキャンプは密接な関係で歩んできたことは確かであり、キャンプの歴史や少年団の資料を集めることから青少年活動の歴史を検討してみようと思う。

2017年版キャンプテーブル

ホームセンターで見かけたベニヤ板を使ったテーブルにヒントを得て、キャンプ用にコンパクトなテーブルを作ってみました。

厚さ9mmのラワンべニア板(厚さ9mm約180cm×約90cm)をホームセンターにて半分にカット(約90cm×約90cm)し、更にそれを45cmサイズにカット(4枚できる)。

2枚に切れ目入れてテーブルの足、1枚は天板。天板と足部分は100円ショップのマジックテープを貼る。

これで完成と考えていたのですが、実際に2人でキャンプ場にて使ってみたところ、お茶ぐらいなら十分だが、バーナーを置いて簡単な調理に食事には小さい。板が一枚余っていることを思い出し、足に付け足せばと考えていました。残りの板を探し出した。それを半分(22.5cm)に切断し、足部分に天板と水平の切れ目を入れる。その部分に差し込めば補助的な台になる。これで、調理用具や食材などを下の板部分に置けて、天板での食事もスムーズになると期待。

天板を外した写真(補助板だけの状態)

パーツはこんなこんな感じ。

まとめると45cm角になり、収納も便利