2017年北海道38

8月27日(日) 57日目音更農家30日

 

朝には日差しが戻る。

隣のボンゴの古いキャンピングカーはドイツ人老夫妻。朝の挨拶で話をすると2週間前に来日。成田で車をレンタルしてフェリーで北海道を旅しているとのこと。この後函館から青森に入り東北を縦断して成田に戻る予定だそうだ。

ブログ記事を書いて10時過ぎに出発。

気持ちの良い天候なので、フレペの滝を再訪。今日は人が多い。

昨日見た展望台は熊避けでは無く、人が崖に行かないようにとの柵でした。滝の上を周回するルートで散策を楽しむ。

知床横断道路で羅臼に向かう。知床峠からの羅臼岳は雲で山頂は見えなかったが、羅臼側の眺望では国後島が大きく見えた。

昨日予定の羅臼温泉キャンプ場を見学して、道路反対側の熊の湯に入る。入ると地元の元漁師に話かけている同年配の男性がいて音更から来たとのこと。それで話が繋がりいろいろと話し込む。

その男性曰く羅臼の魚介類は高く斜里が安い。安いスーパーがあると言うので確認すると何回か言ったミタニさんだった。ここからだと元来た道に戻るが早いが、折角なので、羅臼から標津に入り斜里岳の横を通る周遊ルートを選択。距離はあるが標津から斜里の国道はガラガラスピードアップでミタニに13時45分到着。ホタテにツブガイ、ホッケにサンマと魚介を仕入れる。ツブガイは店員さんが親切にさばいて刺身用にもしてくれた。(大きいものは、中にあるチーズのような塊を取らないと酔った症状になるとのこと)昼食もここの弁当で済ませて帰路をチェック。約180kmでナビでは19時前着となる。清里を通って裏摩周湖展望台に寄りたいがコースを変えると3時間では難しい。諦めてナビの最短ルートの美幌~津別~陸別~足寄に従し14時15分出発。陸別まで1時間半、陸別駅(廃線)で5分の休息のみで16時50分帰着。2時間半ぐらいで走行。

丁度日曜作業のトウモロコシ刈り取りが終わって帰ってきたタイミング。作業場を借りてBBQを準備。残ったトウモロコシは食べ放題になった。18時前に学生も戻り、海鮮BBQを楽しむ。破棄するトウモロコシだが蒸し焼きにすると結構美味しい。

バタバタとした休日だがリラックスにはなった。