2017年北海道35

8月20日(日) 50日目音更農家23日

 

今日の休みは、展望所巡り。帯広観光マップに十勝平野を眺望できるスポットが記載されている。国道38号線狩勝峠や三国峠、昨年の台風後現在も通行止めの日勝峠が有名だが、帯広の花火を見た十勝が丘展望もその一つだった。まずは、音更町にある家畜改良センター十勝牧場に。観光スポットの4km続く白樺並木道を通り、そこから約10kmで展望所。大雪山系が見えるようだが、あいにくの天気でほとんど見えない。馬の放牧場で沢山の馬(親子)を真近で見ることが出来た。

次は新得町に向かう途中の道道75号線沿いに美萬パノラマパークがある。晴れたいたらもう少し見えるのだろうが標高も低い。

新得駅により蕎麦屋の聞き込み。駅前に1軒あった。蟹てんぷら蕎麦をいただく。(てんぷら蕎麦より安い)

新得駅裏にある新得山も眺望スポットとあり、車で砂利道を10kmほど登ると山頂。しかし山頂からは木が邪魔して見えない。標高からは期待したのだが?

続いて、清水町の千年の森に近い丸山展望台へ。ナビには出てこないので、観光マップとナビを見比べ走行すると案内標識を発見。思っていた方向とは反対だが?曲がり角毎に標識があり、約5kmほど進むと最終カーブで通行止め。途中の川が昨年の台風跡の工事中だったのでひょっとしてとは思っていたが?案内標識に通行止め表示が欲しい!!それならとナビにも出ている新嵐山スカイパーク展望台へ向かう。途中が丸山展望台への想定ルート。そこも流された橋が半分残っていて通行止めで迂回。10分ほどで新嵐山スカイパークの到着。公園と山はスキー場のよう。山に上がる道に向かうと、ここも通行止め???

連続3つもダメ。さてと、道道216号線を南下して八千代公共牧場展望台向かう。牧場敷地の案内板で確認。帯広市畜産研修センターが併設されレストランがありその側。レストランの駐車場に展望台への小道を見つけるが、入り口で通行止めの柵。熊の出現情報によるらしい。中札内村の予定最後の一本山展望タワーに移動。ここもナビにも出ていないし、半分あきらめ気分で。ダート道を4kmほどで駐車場。直ぐそばのようだが、車のロックをせず、熊対策に傘を持って、いそいで階段道を進む。300mぐらいか進むと5階建の展望タワーを発見。

ここも入口あうとかと思いきや登れた。天候で展望はよくはなかったが、最後に登れただけでも来たかいがあった。しかし熊も心配な雰囲気。タワーを降りて走って車に乗り込む。

帯広中心向かう途中で岩内仙峡の看板を見つけて、岩内自然の村に立ち寄る。なかなかの渓谷。観光スポットとしては良い場所です。

中札内村の道の駅(六花の森が隣接していた)で一息ついて、帯広まで高速無料区間で移動。真鍋庭園に入る。夕方で観光客も少なくゆったり。コニファーガーデンで癒さされる場所です。リスも発見。

車フロントが昨日までの虫、今日のダート走行で悲惨な姿。スタンド給油と洗車でさっぱり。帰り道の音更町に入り丸美が丘温泉で体もさっぱりして帰宅。