2017年北海道16

7月17日(月) 16日目 士別市体験住宅13日目

 

今朝は少し冷え込んだ。タオルケットから布団をかぶる。昨日の雨の影響か7過ぎの室温は21度。10時ごろから雨が降りだすが、通過雨のようなので外出。まず、士別市博物館へ。今日は「道民の日」として無料。

「士別市博物館」の画像検索結果

士別市は最後の明治32年屯田兵最後の入植地。屯田兵村や松浦武四郎の資料・展示を見る。士別市は九十九山があり九十九が良く出てくる。最初の屯田兵入植者が99名であったことによるとのこと。(到着時は100名だったが1名の家が直ぐに焼失し隣の剣淵に行ったため)歴史は知っておく必要がある。

(松浦武四郎の天塩日誌)

たっぷり1時間半の見学後、旭川に向かう。

約60km1時間少しで「橙や(だいだい)」に到着。3年前の旭山動物園の帰りに寄ったラーメン店の支店。

祝日ですが14時前なのに10分度待ち。後からも客足は絶えない。お美味しいですよ。

自衛隊の近くの2ndストリートで帽子を買ってから、神楽公園に行く。祝日とあって結構な人出。あちこちでBBQ。

公園南側のSUN蔵人(旭川では有名らしい=生チョコサブレ)でケーキを買って2階の無料コーヒーコーナーで休息。

店に前から公園沿いに約3kmがプラタナスの並木。「風」を歌いながらの往復ドライブ。

ここから1kmぐらいで、三浦綾子文学記念館に行くが、17時を過ぎて閉館。残念。

ただここは、「氷点」の舞台となった場所で外国種見本林がり、ヨーロッパカラマツ、ストローブマツ、トドマヅ、グイマツなど松が多く植えられている。

旭川駅隣接のあさひかわ北彩都ガーデンをちょい見して、駅横のイオンで買い物して帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA