2017年北海道生活

士別市の移住体験住宅など生活の様子です。

 

短期移住体験住宅B棟に入っています。隣がA棟で、他に同じつくりの家が合わせて6軒建っています。

写真付き図面は以下にあります。

http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1303787117677/index.html

初日にも書いてありますが、2階建て5LKの内1階のみを使用しています。

生活に必要なもの全てが揃っています。寝具も2名分のシーツも用意されていました。

お風呂も給湯のみですが、きれいで快適です。(寒冷地用コロナSAシリーズのデカい給湯器)

お水はそのまま飲んで美味しいのですが、給湯すると少し濁りは気になるところです。

(市内の公園近くに不動院の霊水があり、2回ほどペットボトルを持って汲み行きました。甘い水です。)

全ての窓は2重窓になっています。ストーブもリビングとキッチン側と2台あり、現在は不要ですが、

冬季の利用も問題無いようです。

(公園から住宅地を望む)

周辺では、直ぐ北側にクリニック、西側がジャンプ台、徒歩5分ぐらい東側サインライズホールや公園とその先北側にスキー場と南側に市役所支所があります。同じく5分ぐらい南側道道沿いミニコープとミニスーパー、10分ぐらいの処にもう一軒あります。しかし、置いている食材は限られており、市内中心のスーパーでの買い物をしています。コンビニも10km先のセイコーマートで車だと10分も掛からないのですが、中途半端なところです。

温泉(宿泊施設=和が舎)は道道と反対側にあり、徒歩だと15分ぐらいの距離です。体育館や研修室が併設されて合宿誘致をしています。

市内中心部まで約20kmですが、ほぼ直線道路ため20分もあれば行けます。(ちなみにオートクルーズで白線認識もしてくれるの高速なみ)

市内では、昨年利用した西條デパートにビッグハウスという大型スーパー。ダイソーも国道沿いにあります。

北海道はジャガイモや玉ねぎトウモロコシなど野菜イメージがありますが、収穫時期が8月以降のようで、現在は九州や長野産など道外のもので、値段も結構高い。牛乳や乳製品、ホタテなど魚介は安めです。ジンギスカンやホルモンに豚肉なども冷凍食品は品数が豊富です。

 

2017年北海道14

7月15日(土) 14日目 士別市体験住宅11日目

 

今日は士別神社の祭り。市中心部の会場へ向かう。

テキヤのお店が出ていますが、昼前ですが人出は少ない。

露天で食事よりと、士別名物ラムを近くの士別ロイヤルホテルのレストランでいただく。(ラムカレー)

入ってみるとこのホテルが祭り行列の出発点になっていた。

13時に出発、国道40号線を吹奏楽のパレードに続き練り歩くようです。

国道に移動して見学。

幼稚園から高校生のバンドにお稚児さんの行列です。

小学生の集団は各商店を回って寄付集め?

今日は結構な暑さのため(30度近い)早々に切り上げて帰る。

遅めの昼寝をして、暗くなった7時半過ぎに家から5kmほどの距離にホタルの里がある。

HPでは17日ごろまで見頃とのことで、行ってみる。

道路から脇道に入ったところで1台の車とすれ違いで話をすると、一匹もいなかったとのこと。

しかし、地元の人で案内してくれると言うので一緒に向かう。

到着してしばらくすると一匹のホタルを発見。そして次々に出始める。時間は8時前、やっと暗くなった時間でした。

乱舞とまでではないが結構飛んでいる。北海道の大自然でホタルは一杯いると思っていたが、その人の話では、ホタルは北海道では外来種で少ないようだ。士別の冬はマイナス30度でホタルには厳しいとのこと。帰ってHPで調べても道内のホタルは沼田町以外では、札幌・函館あたりだけでした。